トップへ » はじめての方へ » CTなどの院内設備 » CTを導入し、安全な治療を

CTを導入し、安全な治療を

CTを導入し、安全な治療を当院では、歯科医師の経験や勘だけに頼らず、「歯科用CT」を用いることによって客観的な判断基準を基に安全なインプラント治療を行っております。

CTの優れた点は、コンピュータ上で骨を「3D」で再現できる点です。これにより、レントゲンでは分からなかった、骨の奥行き、骨の幅、厚みを正確に把握することができます。今ではインプラントの治療に欠かせない検査のひとつです。

また、インプラントに限らず、親知らずの抜歯、矯正歯科治療、歯周病治療の際の骨の状態把握、根管治療等の際にも、歯科用CTにより高解像度のデータが入手でき、安全に治療を行うことが可能です。

一般的には、大学病院や提携のクリニックでCT撮影を行いますが、撮影までの期間が長くなり、日程の調整等を行っていただくため、患者さんに不便をおかけすることが多いのも事実です。しかし、歯科用CTを導入している当院では、患者さんの日程や診断に対し、柔軟に対応することができます。

歯科用CT導入のメリット
CTを導入し、安全な治療を・インプラントを埋入する位置、方向のシミュレーションができる。
・難易度の高い手術ができる。
・骨の状態を正確に把握すれば、治療の安全性が高まる。
・事前の確認が可能なため、切開部分が狭くなることで患者さんの負担を軽減できる。
・治療時間の大幅な短縮ができる。
・自分の骨の状態を患者さん自身しっかり把握できる。
・医科用X線CTと比較して、被爆量は1/100~1/30程度。お子さんでも、安心して撮影をすることができる。


トップへ » はじめての方へ » CTなどの院内設備 » CTを導入し、安全な治療を


コールバック予約