トップへ » はじめての方へ » 痛みの少ない治療 » 静脈内鎮静法・よくある質問

静脈内鎮静法・よくある質問

Q.静脈内鎮静法は安全ですか?
A.普段と同様に呼吸ができ、意識や反射が残っている点で安全です。つまり、生体防御反射は保たれているので安全といえます。(意識が全くなくなったり、人工呼吸が必要な全身麻酔とは異なります)

当院では、全身状態や使う薬剤の特徴に熟知している歯科麻酔医が全身状態を管理しながら行っておりますので、ご安心ください。

Q.静脈内鎮静法は痛みを感じないのですか?
A.いいえ、静脈内鎮静法は治療を快適に受けるためのものであり、痛みそのものを除去するものではございません。痛みに対しては、通常の局所麻酔を行います。

Q.静脈内鎮静法は入院が必要ですか?
A.いいえ、入院の必要はありませんのでご安心ください。

Q.静脈内鎮静法を実施すると、どのような状態になりますか?
A.個人差はございますが、うたた寝をしているような、ほろ酔い加減のような状態でリラックスしていただけます。なお、意識はありますので、執刀医や歯科麻酔医からの問いかけに答えることもできます。

Q.鎮静の前後は、どのような処置が行われるのでしょうか?治療終了後、すぐに帰宅できますか?
A.治療前には術前検査として血圧、脈拍、心電図、酸素飽和度などの全身監視モニターを付けさせていただき、全身状態をチェックいたします。その後、点滴を行います。モニターは安全のため、治療後まで継続してつけさせていただきます。

治療後しばらくはふらつきが少し残りお車の運転はできませんが、通常、普段の生活に戻れます。

Q.静脈内鎮静法は何回受けても安全ですか?
A.はい、安全です。

Q.静脈内鎮静法を受けられない場合は?
A.以下の方は静脈内鎮静法を受けることができません。
・妊娠中の方、障害のある方。
・上気道閉塞のある方(肥満、睡眠時無呼吸症候群など)。
・多量、もしくは長期に向精神薬を服用している方。
・薬剤アレルギーのある方。
・胃に内容物のある方 など
※詳しくはお問い合わせ下さい。


トップへ » はじめての方へ » 痛みの少ない治療 » 静脈内鎮静法・よくある質問


コールバック予約