トップへ » はじめての方へ » 痛みの少ない治療 » 痛みも少なく、腫れも少ない治療

痛みも少なく、腫れも少ない治療

当院では痛みも少なく、腫れも少ないインプラント治療を行っております。

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療まず、歯茎の表面に「塗る麻酔」を施し、効果が現われるまで時間をおきます。

麻酔が効いてくると、注射針が触れる時の感覚が段々鈍っていきますので、痛みを感じなくなる頃合を見計らって、非常に細い注射針で麻酔をゆっくりと注入します。


インプラントは麻酔が効かないケースはほとんどありません
虫歯治療の場合、歯の中の神経を麻痺させなければなりませんので、麻酔が効きにくいことがありますが、インプラントは「骨に対する処置」です。そもそも骨自体には神経のある痛覚は通っていませんので、麻酔をするのは歯茎などの周囲のみです。そのため、麻酔が効かないケースはほとんどありません。

腫れに関するできる限りのケアを行います
手術による傷が小さければ小さい程、腫れも最小限に抑えられます。そのため、歯肉に対する知識やCTを駆使し、ピンポイントの手術を実行いたします。それでも、体質や元々の患部の状況などによって、どうしても腫れてしまう場合はあります。

腫れが予想されるコンディションの場合には、手術を行う前に状況をお伝えするとともに、静脈内鎮静法の中にステロイドを入れるなど投薬にも工夫を施し、腫れに関するできる限りのケアを行います。当院には、患者さんの全身管理ができる麻酔医がおりますので、二人三脚で対応いたします。

麻酔医について
●日本歯科麻酔学会認定医 /老川 暁子
「静脈内鎮静法」のエキスパート。


トップへ » はじめての方へ » 痛みの少ない治療 » 痛みも少なく、腫れも少ない治療


コールバック予約