トップへ » はじめての方へ » 他院で断られた方もご相談を » 実際の施術内容~骨造成処置~

実際の施術内容~骨造成処置~

インプラントを埋入するには、土台となるあごの骨に「ある程度の高さや量」が必要となります。しかし、上あごの骨には生物学的に上顎洞(サイナス)という空間があるため、元々上あごの骨は下あごの骨よりも少ないのが実情です。

また、歯周病や長年の入れ歯などであごの骨が痩せていたり、破壊されていたりする場合も骨の量が少なくなります。

そこで、当院で行っている3つの「骨の量を増やす処置(骨造成処置)」をご紹介します。いずれも代表的かつ、高度なインプラント治療法です。

ソケットリフト
あごの骨が5㎜以上ある場合に行う骨造成処置です。

具体的には、ドリルによって上顎洞に貫通する直前までの穴を開けます。そして、金槌のような器具で徐々に衝撃を加えながら、上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。

この穴に特殊な器具を使って骨移植材を隙間なく詰めます。これによって骨の厚さを増幅させ、インプラントを埋入した後の骨の強度を上げます。

ソケットリフト

サイナスリフト
上顎洞までの距離が5㎜以下の薄い上顎骨(ソケットリフト法が使えない場合)に用いる治療法です。

ソケットリフト法のように下から骨を持ち上げるのではなく、歯茎の横から上顎洞に向けて穴を開けます。そして、横から上顎洞粘膜を押し広げ、その隙間に自家骨、及び人工骨を入れて骨を増やします。

サイナスリフト

GBR(骨組織誘導再生)
GBRとは、インプラントを埋入するのに十分な骨の厚み、幅がない場合に、骨の薄い部分を特殊な膜(遮断膜)で覆い固定することで自家骨の再生を待ち、インプラントの予後を確実にする治療法です。

インプラント埋入手術前に必要な骨を作る方法の他に、インプラント手術の時に処置を行う方法もあります。

GBR



トップへ » はじめての方へ » 他院で断られた方もご相談を » 実際の施術内容~骨造成処置~


コールバック予約