トップへ » インプラントとは? » 他の治療方法との違い

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較表

項目/治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
歯を失ったときの治療法 歯を失ったときの治療法 歯を失ったときの治療法
審美性 優れる 良くない 良い
噛む力 優れる 弱い 良い
口内衛生 優れる(手入れ要) 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる(手入れ要) 合わなくなる事が多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし あり 少ない
顎骨が痩せる なし 痩せる 痩せる事がある
手術 あり(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります

入れ歯とは?

入れ歯とは?入れ歯は、歯を失った部分の型を採り、そこに人工の歯をピンクの床の上にくっ付け、それ自体をバネで自分の歯に引っ掛ける簡単なものです。治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など方法が異なりますが、いずれの場合も歯をほとんど削る必要がなく、治療回数も少なくて済みます。

入れ歯のメリット
・ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応できる。
・治療が比較的簡単で、通常の入れ歯なら治療費も安い。

入れ歯のデメリット
・どんなに上手く作っても天然歯の20%~30%の能力しかない。
・硬い物を噛むのに苦労することがある。
・食べ物が挟まって、口の中が不衛生になりやすい。
・噛む刺激が伝わり難いため、徐々にあごの骨が痩せてくる。そのため、度々の調整が必要になる。
・取り外して手入れをするのが面倒。
・がたつきがあったり、留め金が気になったりして、違和感を感じやすい。
・うまく発音ができないこともある。
・留め金が気になるなど、見た目がよくない場合がある。
・部分入れ歯の場合、バネで支えている隣りの歯への負担が大きく、虫歯にもなりやすい。

ブリッジとは?

ブリッジとは?歯を失った部分の左右両隣の歯を削り、そこに人工の歯を橋をかけるように作りますので、基本的に義歯3本が1セットとなります。ブリッジは、失った歯の箇所が少ない場合に適しています。

ブリッジのメリット
・違和感が少なく、噛む能力も入れ歯より高い。
・天然歯と変わらない審美的な修復が可能。

ブリッジのデメリット
・ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない。
・ブリッジは基本的に乗っているだけの状態なので、食後にモノが挟まりやすくなる。
・噛んだ際に歯の抜けた部分に刺激がなく、歯茎が徐々に痩せてくる。
・あごの骨が痩せると歯並びが悪くなることがある。
・支えになる両隣の歯に大きな負担がかかり、将来両隣の歯を失う場合がある。
・空気が漏れて発音が困難になることがある。

インプラントとは?

インプラントとは?インプラントとは、あごの骨に純チタン製の人工歯根を埋入し、その上に人工歯を取り付ける歯の再建法です。入れ歯やブリッジに抵抗のある方のために、当院では長年の研究と高度な技術の基に開発されたインプラント(人工歯根)治療をおすすめいたします。

インプラントのメリット
・天然の歯と同じ感覚で噛むことができる。
・天然の歯と変わらない、またはそれ以上の見た目となる。
・ブリッジや入れ歯のように周りの歯に負担をかけたり、削ったりする必要がない。
インプラントとは?

・噛んだときに歯茎に天然歯と同じように刺激が伝わるので、あごの骨が痩せない。
インプラントとは?

・発音や発声が元のように戻る。
・食べ物や飲み物が天然歯と同じくおいしく感じられる。

インプラントのデメリット
・骨がない(足りない)場合には、高度な知識と技術が要求される。

※当院では、「骨増大手術によってあごの骨を補う」「短いインプラントを入れる」「インプラントを傾斜させる」など、様々な方法によって「骨がない(足りない)場合のインプラント治療」に対応しております。ぜひ一度、ご相談にお越しください。

関連ページリンク

arrowはじめての方へ
インプラントにかける想い院長の実績についてCTなどの院内設備
痛みの少ない治療保証について他院で断られた方もご相談を
その日に入るインプラントオールオンフォー症例

arrowインプラントとは?
他の治療方法との違い治療の流れ料金表よくあるご質問

arrow院内ツアー
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

自由診療の無料カウンセリング・セカンドオピニオン実施しています。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » インプラントとは? » 他の治療方法との違い


コールバック予約