トップへ » インプラントとは? » 他の治療方法との違い » ブリッジとは?

ブリッジとは?

ブリッジとは?歯を失った部分の左右両隣の歯を削り、そこに人工の歯を橋をかけるように作りますので、基本的に義歯3本が1セットとなります。ブリッジは、失った歯の箇所が少ない場合に適しています。

ブリッジのメリット
・違和感が少なく、噛む能力も入れ歯より高い。
・天然歯と変わらない審美的な修復が可能。

ブリッジのデメリット
・ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければならない。
・ブリッジは基本的に乗っているだけの状態なので、食後にモノが挟まりやすくなる。
・噛んだ際に歯の抜けた部分に刺激がなく、歯茎が徐々に痩せてくる。
・あごの骨が痩せると歯並びが悪くなることがある。
・支えになる両隣の歯に大きな負担がかかり、将来両隣の歯を失う場合がある。
・空気が漏れて発音が困難になることがある。


トップへ » インプラントとは? » 他の治療方法との違い » ブリッジとは?


コールバック予約