トップへ » インプラントとは? » 他の治療方法との違い » 入れ歯とは?

入れ歯とは?

入れ歯とは?入れ歯は、歯を失った部分の型を採り、そこに人工の歯をピンクの床の上にくっ付け、それ自体をバネで自分の歯に引っ掛ける簡単なものです。治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など方法が異なりますが、いずれの場合も歯をほとんど削る必要がなく、治療回数も少なくて済みます。

入れ歯のメリット
・ブリッジでは対処できないような大きな欠損にも対応できる。
・治療が比較的簡単で、通常の入れ歯なら治療費も安い。

入れ歯のデメリット
・どんなに上手く作っても天然歯の20%~30%の能力しかない。
・硬い物を噛むのに苦労することがある。
・食べ物が挟まって、口の中が不衛生になりやすい。
・噛む刺激が伝わり難いため、徐々にあごの骨が痩せてくる。そのため、度々の調整が必要になる。
・取り外して手入れをするのが面倒。
・がたつきがあったり、留め金が気になったりして、違和感を感じやすい。
・うまく発音ができないこともある。
・留め金が気になるなど、見た目がよくない場合がある。
・部分入れ歯の場合、バネで支えている隣りの歯への負担が大きく、虫歯にもなりやすい。


トップへ » インプラントとは? » 他の治療方法との違い » 入れ歯とは?


コールバック予約