トップへ » インプラントとは? » インプラントができないケース

インプラントができないケース

インプラントができないケース次のようなケースではインプラントができない場合もあります。ただし、骨量が不足している場合でも、骨移植などによってインプラントが埋入できるようになる可能性もあります。詳しくは当院までお問い合わせください。

・重度の歯周病の場合。
・歯が抜けた後、そのままにしていた期間が長い場合。
・噛み合わせ自体に問題がある場合。
・全身的な疾患があり、手術ができない場合。
・治療後の定期的なメインテナンスができない人の場合。
・喫煙者。
・若年者(18歳以下)。


トップへ » インプラントとは? » インプラントができないケース


コールバック予約